6月, 2012年

ちょっと番外

2012-06-27

お米のめん続きで、中国から出てタイへ

タイはほんとうに米の食べ方が多い国です。中でも日常的に多く食べられあちこちに屋台も多いのが米のめん「クイッティァオ」(簡単にクイッティオ)。スープもあっさりチキンや魚介ダシ、牛のダシなど多彩。写真は牛ダシに牛肉のトッピング。お米のめんはなんにでも合うなあ。

桂林のめんは麺ではない

2012-06-18

広西壮族自治区の南寧近郊の茶油製造工場を見学に行った。そこのもてなしで食事に行ったが中国では珍しい川魚の刺身を食べた。たぶん中国で日本食レストラン以外で食べた刺身はここだけだ。伝統的に食べているようだった。

南寧からバスで桂林へ。車窓からはこの地方独特の景観が続く。

かなりの時間(覚えていない)バスに揺られ、夕方桂林に着いた。早速街の食堂へ出たがめん料理は無かった。

翌日、めんの店を探して食べたのがこれ

当時、めん料理の名前はわからなかったが後で師匠の本を見てみると「ルー(日本にはこの漢字がない)菜粉」というらしい。しかしこれがなぜ麺ではないかというと、「麺」は本来は小麦粉の加工品を指す。余談だが小麦でできたクレープ状のものも麺であり、私たちが麺というひも状のものは正しくは麺条という。話を戻すと米の加工品は「粉」と書く。わかりやすいのはビーフンで「米粉」と書くのはご存知のことと思います。知らないときは米のひも状のものがなんで「こな(粉)」なんだろうと思ったものでした。ということでこの写真は「麺」ではなく「粉」なのです。

おいしそうな黄色鮮やか

2012-06-05

青島のとうもろこし麺

とうもろこしの麺を探しに、青島から遼寧省をまわった。とうもろこしは中国の北部ではよく作られているようだが、麺はあまり見ない。青島で韓国料理の店でとうもろこし麺を食べたが、中国麺の師匠の話ではこの麺は伝統的な作り方ではなさそうだとのこと。青島を後にして大連へ。

とうもろこしの貯蔵小屋

大連から車で北へ向かう。途中の農村地帯ではあちこちにこのようなとうもろこしの貯蔵小屋が見られた。大連から車で4,5時間かけて目的地へ。

とうもろこし麺の製造風景

麺の製造所では、とうもろこしの粒を2,3日水に漬けて柔らかくする。この間に自然発酵して若干酸味をおびる。柔らかくなった粒をつぶして粉にし湯の中に押し出して麺にする。

炒めたとうもろこし麺

この地方でよく食べられる、炒めたとうもろこし麺。とうもろこし独特の香ばしい味わいがある。もちろん汁の麺もあります。

Copyright(c) 2012-2015 株式会社まあるいテーブル All Rights Reserved.